活動報告

2012年03月29日(木) 09:00 午前

  • 部門会議

☆行政改革調査会 行政管理・効率化WT/公益法人改革WT合同会議に出席いたしました。

20120329_gyoukaku_chousa

・私が座長を務めております公益法人改革WTと行政管理・効率化WTが合同で会議を開催いたしました。
・独法への再就職規制の現状とあり方について
・公益法人への再就職の規制の現状とあり方について
・再就職等監視委員会の所掌と活動内容について
それぞれ現在作成中の「行革実行法案」と照らし合わせながら、今後の検討課題について整理を行いました。私からは官僚の独法出向者の給与支払者と生涯の賃金体系についてと、独法役員になった場合の報酬の民間との格差が著しい場合の対策などについてお聞きしました。

2012年03月29日(木) 01:00 午後

  • 学習会・会合

☆国際担当役員会に出席いたしました。

20120329_soumu_kokusai
・国際局副局長として総務委員会国際担当役員会に出席しました。役員の国際会議出席報告等に続き、今後の方針について協議を行いました。

2012年03月29日(木) 03:00 午後

  • 部門会議

☆行政改革調査会役員会、総会に出席いたしました。

20120329_gyoukaku_soukai

・役員会では総務省が行っている行政の政策評価の改善と行政事業レビューの連携についてのご提案をお聞きしました。総会では先の独立行政法人改革で結論を持ち越した「都市再生機構(UR)」と「住宅金融支援機構」について、それぞれ「あり方に関する調査会」の中間とりまとめについてヒアリングと質疑応答を行いました。

2012年03月27日(火) 05:00 午後

  • 学習会・会合

☆拉致問題対策本部役員会に出席いたしました。

20120327_rachi_yakuin

・現在、日本が北朝鮮に対して行っている制裁の延長(1年)について政府よりご説明いただき、質疑応答を行いました。私からは国連の安保理における北朝鮮への制裁の各国の履行状況についてお聞きしました。

2012年03月22日(木) 08:00 午前

  • 部門会議

☆総務部門・情報通信WTに出席いたしました。

20120322_soumu_jouhou

・「情報セキュリティ政策」について民間企業、団体からヒアリングを行いました。私からは政府のセキュリティ対策をより強化していく必要性を述べ、その点について民間の皆様からのご意見等を伺いました。

2012年03月22日(木) 08:45 午前

  • 部門会議

☆経済産業部門会議に出席いたしました。

20120322_keisan

・電気料金制度・運用の見直しとミラノ国際博覧会への公式参加について意見交換いたしました。

2012年03月15日(木) 08:00 午前

  • 部門会議

☆行政改革調査会総会に出席いたしました。

20120315_gyokaku_chousa

・先般来作業が進められています行政改革実行法案について調査会幹部より報告、質疑応答が行われました。

2012年03月14日(水) 10:00 午前

  • 学習会・会合

☆国際局アジア政党会議共同議長との意見交換会に出席いたしました。

20120314_ajiaseitoukaigi

・アジア政党会議(ICAPP)共同議長であり、かねてからの知り合いであるチョン・ウィヨン韓国元ウリ党国会議員が来日されており、民主党をご訪問くださいました。国際局副局長として出席させていただき、私が日本側通訳を務めさせていただきました。

2012年03月14日(水) 04:00 午後

  • 部門会議

☆国土交通部門会議に出席いたしました。

20120314_kokudo

・中枢機能バックアップワーキングチームからの提言について
・豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律案について
・地理空間情報活用推進基本計画(案)について
・観光立国推進基本計画について
政府よりご説明していただきました。私からは中枢機能を移動する場合の移動方法についてお伺いいたしました。

2012年03月13日(火) 05:00 午後

  • 学習会・会合

☆民主党オープンフォーラムに出席いたしました。

20120313_openforum_beruitaisi

・民主党オープンフォーラム「世界の声」として、ミハイル・ベールィ ロシア大使が党本部において「ロシア大統領選を振り返って」「日本の政権交代の評価」というタイトルでご講演されました。大使はロシアは日本を重視していること、これまでのエネルギーだけではなく、その他の経済(特にイノベーションでの連携を図りたい)や文化をはじめ、様々な分野で交流を図るべきであることを主張されました。