活動報告

2011年10月20日(木) 04:00 午後

  • 国内・海外視察

☆民主党のホームページに紹介されました。

20111020_shoukai_minshu

・民主党・新緑風会研修で福島を視察した際の写真が党のホームページに紹介されました。
民主党のホームページをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてご覧ください。

こちら

2011年10月19日(水) 01:00 午後

  • 国内・海外視察

☆民主党・新緑風会(国会・会派)の研修会で、福島へ視察に行って参りました。

20111019_hukushima_shisatu

(輿石幹事長等と仮設住宅を視察)

・18日、19日と民主党・新緑風会の研修会がありました。19日には被災地の福島県浪江町役場二本松事務所や浪江町立浪江町小学校等を視察致しました。

2011年10月14日(金) 10:00 午前

  • 部門会議

☆東日本大震災復旧・復興検討PTに出席いたしました。

20111014_shinsaipt_2

・復旧特区法案、復興庁設置法案について法案作成の現状の進捗状況について政府よりお聞きし、質疑応答を行いました。私からは現在被災地では建築制限がかかっていることと、この特区法案との関係についてお聞きしました。

2011年10月14日(金) 11:00 午前

  • 部門会議

☆国土交通部門会議に出席いたしました。

20111014_kokudo

・平成24年度国土交通関係税制改正要望の重点項目について、政府よりヒアリングを受けました。

2011年10月14日(金) 01:00 午後

  • 部門会議

☆外務部門会議に出席いたしました。

20111014_gaimu

・平成24年度税制改正(租税特別措置)要望について
・日韓・日朝関係について
・ロシア情勢について(特にプーチン氏の大統領選再出馬を中心に)
という議題で政府よりご説明いただきました。
私からも民主党代表団としてロシアに行った際、統一ロシア党大会の雰囲気等についてもお話しさせていただきました。

2011年10月13日(木) 11:30 午前

  • 学習会・会合

☆民主党拉致問題対策本部役員会に出席いたしました。

20111013_rachi

・先般、韓国の朴宣映(パクソンヨン)議員が面会した脱北者のイ・ヨンス氏の証言に横田めぐみさんが生きているとの証言があったことが政府から紹介されました(事実を確認中)。
本日は北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのご両親、家族会の増元事務局長、救う会の平田事務局長がご出席されました。
今回の証言の紹介を受け、私からは韓国の国家情報院が脱北者と面会する時は、日本の拉致被害者のことも合わせて確認してもらうよう要請してほしいと政府に要望いたしました。

2011年10月13日(木) 04:30 午後

  • 部門会議

☆内閣部門会議に出席いたしました。

20111013_naikaku

・国民生活センターの在り方の見直しに関する試行及び検証の実施について
・内閣府、内閣官房、警察庁分政府税制調査会提出要望について
それぞれ政府よりご説明いただき、質疑応答を行いました。

2011年10月06日(木) 09:20 午前

  • 国内・海外視察

☆ハバロフスクで日露地域間協力会議が開催され、出席いたしました。

20111005_russia_keizai

・大震災におけるロシアのご支援とご協力に改めて感謝を申し上げ、エネルギー供給においてはロシアから我が国へ天然ガスの供給を受けており大事なパートナーであること、これからのさらなる経済関係構築や地域間交流の必要性を発言させていただきました。

2011年10月05日(水) 09:15 午前

  • 国内・海外視察

☆第5回極東国際経済フォーラムに出席いたしました。

20111005_russia_kyokuto

・東シベリア地域の中心地であるハバロフスクで開催された、第5回極東国際経済フォーラムと日露地域間協力会議に日露協会理事長・日露友好議員連盟メンバーとして出席しました。
大震災におけるロシアのご支援とご協力に感謝を申し上げ、今後の友好関係のさらなる発展、地域間交流、貿易投資環境について前向きな取り組みを期待しますと述べさせていただきました。

2011年10月05日(水) 03:00 午後

  • 国内・海外視察

☆ハバロフスクで日露企業懇親会に出席いたしました。

20111005_russia_kigyo_2

・環日本海経済研究所主催の日露企業懇親会に出席いたしました。日本と歴史的にも古く良好関係にあるロシア極東地域の今後の誘致に関することや、これからの企業間の経済的協力が日露全体の関係に良い影響を与え、さらなる深化・拡大に向けた努力を続けていきたいと述べさせていただきました。今後、さらに日露の企業間交流が活性化していく事を期待して、意見交換させていただきました。