その他

インターネット上の悪質な書き込みに関する
東京地方裁判所への提訴について

先般来、私は私のホームページ上において「インターネット上における悪質な虚偽ないし誹謗中傷による名誉毀損について」として、法的対応をとることも辞さないことを宣言させていただいておりました。

インターネット上の私に関する書き込みについて、明らかに事実に反するものが見受けられるため、私は、当該プロバイダに対し削除依頼と発信者情報の開示請求を行っていたところであります。

プロバイダ側は、プロバイダ責任制限法に基づき対処を行っていましたが、結果として書き込みの削除は十分でなく、発信者情報の開示についても行われませんでした。

そこで、私は平成22年6月21日、東京地方裁判所に虚偽の記載を行った書き込みについて、発信者情報の開示と、その間、蒙った精神的損害の請求を求め提訴いたしました。警察への告発を含めた刑事責任についても追及していく所存です。

これからも引き続き悪質な虚偽ないし誹謗中傷の書き込みについては、厳しく対処してまいります。

なお、上記の提訴については平成22年12月17日に和解が成立し解決致しました。